【石田洋服店4着目】仮縫い編

スポンサーリンク



最近は忙しいし季節の変わり目で体調崩すしでもう滅茶苦茶でした。

ようやく少し落ち着いてきたので、以前からできていた石田洋服店4着目のジャケットの仮縫いに行ってきました。

生地はフォックスフランネル。

正直この時期にフランネルを見ても全然アガリません・・・(笑)

でも間違いなくいい生地です。バンチからもなくなる(なくなった?)そうで、とりあえず希少性はありそうです。

仮縫い

仮縫いは別生地で行われます。

もう4着目となるとフィッティングはほぼ問題なしです。

脇の前部分を少し詰めて逆に背中を少し出して。本当に少しの調整となりました。

前回からのディティール的な部分の変更は胸ポケットの位置を下げています。

バランス的にこれ以上は無理ってとこまで下げました。これだけでクラシックな印象です。

さらにベントをノーベントに変更しました。

今回の仮縫いではサイドになっていますが、店主の石田原さんと話していくうちにノーベントに挑戦することに。初ノーベントです。

それに合わせて袖付けも今までのシャツ袖から通常の袖付けに変更しました。

ポケットも通常のフラップ付きにしています。胸ポケットもバルカ型ではありません。

派手めな生地とは裏腹に形はだいぶクラシックな感じにしました。果たしてこれが吉と出るか凶と出るか・・・

(姿勢悪いな・・・)

あとは仮縫いの段階で、裏地やボタンを決めていきます。

裏地は生地のネイビーを拾って少し明るめのネイビーに。少し遊んでみました。

ボタンもネイビーで。袖はまた小さめの1つボタンにしました。ジャケットはしばらくこのスタイルでいくと思います。

完成まで

仮縫いから完成までおよそ1ヶ月です。

真夏にフランネルジャケットが納品されるなんて着道楽っぽくてなんだか面白いです。

おそらく今年は作れてあとスーツ1着くらいなので、なにを作るのか真剣に考えていきたいと思います。

スポンサーリンク