スウォッチのクロノグラフにレザーベルトを装着!

スポンサーリンク



先日、Instagramを見ていて無性に欲しくなってしまったスウォッチ。
調べてみると「ブラックフライデー」というモデルで現在は展開されていませんでした。

じゃあ仕方ないか・・・

と、なれればこんなに服が好きにならずに済んだのですが生憎そんなハズもなく。

色々ネットサーフィンして辿り着いたのがこのクロノグラフです。

予算もかなり限られているため、稼働している中古品を2,900円で購入しました。

人生初クロノグラフ

クロノグラフの時計は大きいモノが多く、今まで敬遠していたのですが、趣向の変化なのか一時の気分なのか急にアリに思えてきまして。

リューズを含めないで41mmあるので手持ちのアンティークロンジンに比べるとかなり大きく感じます。

しかしこれはこれでカジュアルにはちょうど良いだろうと半ば強引に納得しています。

クロノグラフの機能についてはまったく興味がないので使うことはないと思います。

ツラ構えはかなり好み

クオーツっていいね!

前出のアンティークロンジンは手巻きのため1日着けないとすぐに止まってしまいますし、なにより着けててもドンドン遅れていくので1日に何度も時刻を合わせています。

しかしクオーツなら当然その必要はありません。

腕時計を見て正確な時間が把握出来るってのは素晴らしいことです。(ロンジン直せ)

手巻きの手間がかかる感じもキライではないですが、クオーツの急に持ち出しても時間が合ってる安心感もグッと来るものがあります。

電池交換は簡単そう

レザーベルト装着

買ったらすぐにレザーベルトに変更しようと思っていたので、対応サイズを測ってAmazonで注文しました。

スウォッチのベルトは独特でいくつかサイズがあるようですが、今回は19mmタイプの黒のクロコダイル型押しレザーベルトを購入しました。

工具とバネ棒の予備もついて2,600円はなかなかのお得感です。

早速、作業してみたのですが、とにかく着けるのが大変。
なかなか時計本体とベルトの穴が合わず、バネ棒が全然入っていきませんでした。

ググっても特別楽になりそうな方法もなく、30分位ひたすらグリグリやってようやく両方着けることが出来ました。

出来ればもう2度とやりたくないのですが問題は夏場。
さすがにこのままレザーベルトだとちょっと重すぎる気が・・・またそのとき考えます。

なにはともあれ、とりあえずしばらくはカジュアルメインで使っていきたいと思います。

スポンサーリンク