ナポリのビスポークサロン、サルトリアボルボニカのジャケットを購入!

スポンサーリンク



年明けに、プロフェソーレランバルディのオンラインサイトからSALEで購入しました。

大好きな茶系のチェックということで少しだけ悩んだ末にポチリ。

お値段約55,000円。
SALE前は200,000円を超えていたので大変お買い得となりました。

光によって色味が変わります

サンプル品

サルトリアボルボニカって全く聞いたことがありませんでしたが、それもそのハズ、国内ではプロフェソーレランバルディでしか取り扱いがないとのこと。

本来はナポリでビスポークを扱うサルトリアのようですが、世界で唯一、ナポリの現地以外でオーダーできるのがプロフェソーレランバルディのようです。(ランバルディではビスポークではなくMTMの取り扱い)

このジャケットはランバルディが取り扱うにあたって仕入れたサンプル品にあたります。

ハンドの工程多し!

ディティール

羽織ってみて驚いたのが、その柔らかさです。とにかく軽く、柔らかい。たしかに他のジャケットとはなにかが違います。(背抜きによる効果もあるのかな)

袖付けや襟付けなどハンドの工程が多く含まれているからなのか、はたまた生地や芯地によるものなのかはわかりませんが、とにかく優しい着心地です。

正直見てもハンドかわからない

心斎橋リフォームにてハンド

各所ボタンホールもやっぱりハンド。
袖のボタンホールは心斎橋リフォームで同じくハンドにて仕上げてもらいました。(約10,000円)

袖はナポリ仕立ての特徴的なディティールである雨降らし袖になっています。やりすぎない感じが上品です。

パッチポケットも柔らかい雰囲気がでており、実際に手を入れてみるとたしかに柔らかいです。

いつかはフルハンドを経験したい欲がますます強くなってきました・・・

柔らかい肩周り

サイズ感

オンラインでの購入だったのでサイズ感が心配でしたが、特に大きな問題はありませんでした。

46サイズ相当とあって、身幅とアームホールだけちょっと細みです。
着用にはまったく支障ないので、特に直しませんがそれだけが気になりました。

しかし、細い分いつもよりスッキリ見えてクールな印象になるならそれはそれでOKです。

背中もわりとキレイに出てるのでとりあえずこのままいって、どうしても気になる箇所が出てきたらまた考えようと思います。

背抜きで軽やかに

まとめ

薄手の生地かつ背抜きなので今時期だと少し肌寒いですが、これからガンガン着ていこうと思います。

この柔らかさは本当にクセになりそうです。
生地の組成が不明ですが、着込んでいったらどういう風になっていくかも楽しみです。

あえてたくさんモノいれたい

最近バタクでアメトラなスーツをオーダーしたばかりですが、やっぱりクラシコも素敵です。

恐らく今後もアメトラとクラシコを行ったり来たりすると思います。こりゃいくらお金があっても足りない・・・

命ある限り着道楽を全力で楽しみたいと思います。

スポンサーリンク