コードレーンのジャケットを洗いました

スポンサーリンク



先日購入したテイジンメンズのコードレーンのジャケットを洗いました。

悪い癖というか趣向というのかわかりませんが、一度洗ってからでないと自分のモノになった気がしません。

ウールはさすがに洗いづらいので別ですが、コットンやリネンはどうしても洗いたくなってしまいます。

コットンやリネンはシワシワなほどカッコイイと認識してしまっているので自然と扱いも雑になります。

ということで洗って少しだけこなれた雰囲気が出たと思われるジャケットを見てください。

洗い前

部屋で着て少しずつ馴染ませているところですが、どうも全体的に角ばったような印象があります。

雑なコーディネートで申し訳ありませんが着てみると肩が張っている感じです。

ここがもう少し潰れてくると自然な感じでいいのになーと。

あとラペルにシワシワパッカリングができたら最高!なんて。

とうことで期待に胸を膨らませて洗っていきます。

洗い中

洗面台に水を張ってじゃぶじゃぶつけていきます。水の温度とかは適当です。

新品なので汚れはありませんが軽く揉み洗いをしていきます。特に肩を潰したいので重点的に。

つける時間も適当です。いい感じになったらしっかり水を切ってネットに入れて洗濯機で脱水だけかけます。

脱水は長いと怖いので3分程度で。

脱水後はプラスチックのハンガーにかけて形を整えていきます。木製のハンガーだと色移りの可能性があるので注意が必要です。

ここである程度形を整えないと後のアイロンプレスが面倒です。

形が整ったらあとは乾くのを待つだけです。陰干しなんて甘やかさず、撮影後は外に出してガンガン直射日光に当てて乾かしました。

ある程度乾いてきたらアイロンでプレスしていきます。

プレスの順序や方法もまったく適当で大丈夫です。むしろシワシワさせたいのでちょっと甘めにプレスしていきます。

ただし肩の部分だけはアイロン台の角に肩を入れながら潰すようにプレスしていきます。正直どれほど効果があるかはわかりませんが、少しでも自然になるよう願いを込めます。

洗い後

プレスが終わったら少し干して熱を逃がしてから着ます。

着ながら馴染ませてジャケットに「貴様の主は誰か」を認識させます。

馴染ませてる最中がこちら↓です。

洗い前が↓

比べるとほんのり肩が潰れて少しだけ丸みを帯びたような。
でもそもそもジャケットの構造の問題なので洗いやプレスでは限界がありますね。劇的には変わりません。

ラペルもほとんど変化はありません。返りがほんのり柔らかくなったくらい。

赤嶺さんのようなラペルのパッカリングってどうやって出すのでしょうか。着て洗いを繰り返せばそのうち出てくるのかな。

こんな感じで作業は完了です。
思ってたより効果は出ませんでしたが洗っても問題ないことがわかったので、たくさん着て汚れたら洗っていきたいと思います。

いつかは洗濯機で・・・なんてのも頭をよぎりますがさすがに手洗いだけにしておきます。

created by Rinker
¥2,530 (2021/06/16 21:04:43時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク