コットンリネンのシャツをビスポーク!ヤマナカシャツ5着目

スポンサーリンク



先日、ヤマナカシャツ5着目となるビスポークシャツが届きました。

オンラインでビスポークが出来るなんて便利なものです。(果たしてビスポークをオンラインでするべきなのか、という問題は別として)

青系の色味だとちょっとオンラインでは不安になりますが、白ならそう変わりはないので安心です。

織りや光沢などの生地感も重要なポイントですが、そんなに奇抜なモノを選ばなければ許容範囲だろうと踏んでオーダーしています。

今回のシャツは17,000円
オプションで背中にギャザーを入れてますが、それでも相変わらずお得な価格帯です。

コットンリネン

今回使った生地はGIZAの100双のコットン50%×リネン50%です。
上品な光沢とツルッとした肌触りがとっても気持ち良く快適です。

以前バタクで作ったブレンバーナのリネンはもっともっちりとした生地感です。(リネンとラミーではラミーの方が一般的にはコシがあるそうです)

リネン100%が1番好きなのですが、通年着たいと思って今回は50%ずつにしてみました。

でもこれも思ったより透け感が・・・

シャツのインナーにはユニクロのエアリズムのベージュを着ていますが、若干透けて見えます。
ネクタイをすれば気にならないレベルなので、結局真夏以外のシーズンで着る機会が増えそうな気がしています。

襟型

今までシャツの襟型はセミワイドが8割、ボタンダウンが2割でしたが、今回なんと初めてのレギュラーカラーを採用しました。

これはもう完全に気分によるところです。アメトラというかIVYというか。

「レギュラーカラーってどうやって合わせるのがカッコイイかな〜?!」

なんてことを届くまで一生懸命考えてましたが、なんてことない名前がレギュラーっていうくらいなので普通に着ればそれで良しって結論になりました。

ちなみに今回は注文から10日で届きました。早いっ!

端正な印象にしたかったので裏前立てで。だけど実はちょっと凝ってるんです的な意味で背中にはギャザーを。

このシャツかなり気に入りました。ヘビロテです。

基本的には週に1度だけ着て、週末にまとめてアイロンがけするルーティーンなのですが、これは洗ったらすぐアイロンしてまた着ます。
(流石にまだノンアイロンで着る勇気はないですが、某Wear Wash Enjoyの精神は常に心にあります)

新しいモノより古いモノの方が好きなので、襟がボロボロになったコットンリネンのレギュラーカラーシャツを想像するともうたまりません。

シャツもあまり数を増やしたくないのでここらで着る機会が少なくなった既製品は断捨離していこうかと思います。

ビスポークシャツを日々着られるなんてなんとも贅沢で幸せです。

スポンサーリンク