バニラビーンズ強めのアーマッドのバニラティーを飲んでみた!

スポンサーリンク



家族で出掛けたついでにちょろっとKALDIに行ったのでまたまた紅茶を買ってきました。

今年4つ目のティーバッグです。(今年いっぱいはティーバッグオンリー)

少しずつ目が肥えてきたのか、星の数ほどあったように思えたKALDIの紅茶コーナーも今では色々区別がつくようになってきました。

ガッツリ香りのついた紅茶には苦手意識があったのですが、後学のためにアーマッドのバニラティーを選んでみました。

アーマッドは英国の会社で世界5位の紅茶ブランドだそうです。

20パック入りで398円。

さすが「高品質・良心価格」を基本理念に掲げているだけあってお手頃です。

早速飲んでみたのでレビューを書いておきます。

人生初バニラティー

抽出時間は3~5分とちょい長めです。

カップに淹れるとバニラビーンズの甘い香りが漂ってきます。

妻はもうこの香りでノックダウンしてました。(バニラビーンズが苦手)

これは好き嫌いが別れるところでしょう。

私は案外嫌いじゃない香りです。

この段階ではまだバニラビーンズの香りはしない

いざ、飲んでみると実際は甘くないのに、香りが強すぎてほんのり甘さを感じます。

というか紅茶が口に入る頃にはもうバニラビーンズしか感じません。脳が勘違いしてます。

そのため味はよくわかりませんが、ホットとアイスではあんまりイケてない感じです。

公式サイトによると、ミルクや砂糖を加えるよう推奨しているので、大人しくその通りに飲んだ方が良さそうです。

ミルクを入れるとバニラビーンズの香りもいくぶん緩和されてそこそこイケます。

でも日中に飲みたい味ではないですね・・・

ミルク多めにして朝限定って感じになりそうです。

これはおそらくリピートすることもないでしょう。(これが好きな人ごめんなさい)

やっぱり紅茶本来の味を楽しみたいので、バニラやフルーツなどの香りが強いものは避けたいです。

今後はもうちょっと落ち着いたモノにしていきたいと思います。

今週末は表参道で毎年恒例のFNOが開催されるので、街に繰り出すついでにまたイケてるティーバッグを探してきます。

スポンサーリンク